マタニティ診療

〒336-0025
埼玉県さいたま市南区文蔵2-1-2
信太ビル102

マタニティ診療 MATERNITY

マタニティ診療について

妊娠中はむし歯や歯周病の
リスクが

あがります

妊娠すると女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンが増加することで歯周病になりやすくなります。
生まれてくる赤ちゃんの口腔内の健康を確保するために、妊娠中こそ歯の検診や予防メンテナンスを受けることをオススメします。

妊娠中の主な口腔内の変化

女性ホルモンの影響で歯周病菌の増加、つわりにより歯磨きがうまくできない、唾液の変化により口腔環境の悪化、体内の免疫力低下により歯肉の免疫力も低下

妊娠中に気を付けること

妊娠中は色々なお口の病気に
かかってしまいやすいので
安全な出産のためにも注意が必要です

妊娠すると、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの増加やつわりなどの影響で
歯磨きをすると気持ち悪くなってしまうことが原因で歯周病になりやすくなってしまいます。
また、歯周病は早産や低体重児出産の可能性を増加させてしまうのです。
出産の前後は、口腔環境を悪化させてしまうお母さんが数多くいらっしゃいますので、
歯周病にならないためにしっかりと予防していきましょう。

妊娠性歯肉炎

妊娠初期は、急激なホルモンバランスの変化によって、歯茎の出血や腫れが生じやすい状態になってしまいます。妊娠性歯肉炎は、通常の歯肉炎と同じく痛みを感じにくいため、気づかないうちに症状が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

妊娠性エプーリス

女性ホルモン増加の影響で、妊娠中に歯茎がコブのように大きく膨らむことがあります。ほとんどは良性で産後に自然となくなるため心配ありませんが、気になる場合はお気軽にご相談ください。

むし歯・歯周病

つわりによって歯磨きがおろそかになってしまったり、嘔吐で歯の表面が溶けてしまい汚れが付着しやすい状態になると、むし歯や歯周病になりやすくなってしまいます。通常よりもしっかりとしたケアが必要です。

妊娠中は特に
口腔ケアに気を付けるようにしましょう

-1歳からのむし歯予防

むし歯菌はお母様から
感染してしまいます

産まれたばかりの赤ちゃんにむし歯菌は存在しません。むし歯になってしまう原因として、周りの大人の唾液から感染してしまいます。
また、小さいうちにむし歯になるお子様ほど、大人になってからもむし歯になりやすいことがわかっています。親御様の健康はもちろん、お子様のお口の健康を守るためにも、生まれる前(-1歳)からむし歯を予防をし、感染リスクを下げることが大切です。

妊娠中の口腔ケアのポイント

むし歯菌は寝ている間にお口の中で繁殖します。妊娠中は体調が優れないこともあると思いますが、起床後はできる限り歯磨きをして、難しい場合はうがいをするようにしましょう。
また、負担を少なくするためにも、歯ブラシのヘッド部分が小さいものを使用して嘔吐反射を出にくくしたり、デンタルリンスでうがいするなどすることもおすすめです。出来る範囲でケアを続けていき、お口の中を清潔な状態にしましょう。

産まれてくる赤ちゃんのために

妊娠中のケアが大切です

お母様にむし歯がある場合とない場合で比べると、むし歯があるお母様の子どもの方が2歳の段階でむし歯になる確率が圧倒的に高いといわれています。
赤ちゃんの段階ではむし歯はゼロにも関わらず、わずか2歳で差がついてしまうのです。お子様のお口の健康を守るためには、お母様のお口を健康な状態に整えることが大切です。産まれてくるお子さんのためにも、しっかりとケアをするよう心がけましょう。

さいたま市の
妊婦歯科健康診査が受けられます

自分ではケアをしづらいお口の中を、歯科医院でしっかり検査し、治療しておくことで、出産後のお母さんのお口の健康につながります。そのため、安定期に入ったら、産まれてくるお子様のためにも必ず検診を受けるようにしましょう。