〒336-0025
埼玉県さいたま市南区文蔵2-1-2
信太ビル102

トピックス TOPICS

妊娠中に気を付けること

妊娠中は色々なお口の病気に
かかってしまいやすいので
安全な出産のためにも注意が必要です

妊娠すると、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの増加やつわりなどの影響で
歯磨きをすると気持ち悪くなってしまうことが原因で歯周病になりやすくなってしまいます。
また、歯周病は早産や低体重児出産の可能性を増加させてしまうのです。
出産の前後は、口腔環境を悪化させてしまうお母さんが数多くいらっしゃいますので、
歯周病にならないためにしっかりと予防していきましょう。

妊娠性歯肉炎

妊娠初期は、急激なホルモンバランスの変化によって、歯茎の出血や腫れが生じやすい状態になってしまいます。妊娠性歯肉炎は、通常の歯肉炎と同じく痛みを感じにくいため、気づかないうちに症状が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

妊娠性エプーリス

女性ホルモン増加の影響で、妊娠中に歯茎がコブのように大きく膨らむことがあります。ほとんどは良性で産後に自然となくなるため心配ありませんが、気になる場合はお気軽にご相談ください。

むし歯・歯周病

つわりによって歯磨きがおろそかになってしまったり、嘔吐で歯の表面が溶けてしまい汚れが付着しやすい状態になると、むし歯や歯周病になりやすくなってしまいます。通常よりもしっかりとしたケアが必要です。

妊娠中は特に
口腔ケアに気を付けるようにしましょう